ゴロゴロプの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒石へ(紅葉を求めて青森へ)

<<   作成日時 : 2016/10/26 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝は5時半に起床して、温泉に行き、7時半から朝食を摂りにいきました。朝食はバイキングです。7時半からなのでピッタリ合わせて行きましたが、すでに長蛇の列です。
画像

朝食。朝からカレーも頂きました。どうもバイキングでは取り過ぎてしまうのが、貧乏性の我が家の特徴です。
画像
この旅館は夕食も朝食もとても美味しくいただきました。
元の計画では、今日は奥入瀬を1日かけて散策する予定でしたが、既に鶴の舞橋、八甲田、奥入瀬、酸ヶ湯の行きたい場所は制覇しましたので、1日空いたかたちになります。しかも今日は朝から雨です。大間のまぐろを食べに行こうかと思いましたが、片道3〜4時間かかると聞きましたので、1日中車に乗ってまぐろを食べにいくのもどうじゃろな!という話になって酸ヶ湯のフロントのお姉さんがお勧めの黒石に行くことにしました。8時半過ぎに酸ヶ湯を後にし、途中りんご園に寄って、レッドゴールド、とき、シナノスイートを購入しました。今年は天候不順で日照時間が少なかったので、全体的にリンゴが小ぶりだそうです。レッドゴールドは美味しく食べられるのが1週間以内で、この日の取れたりんごを購入。ここのリンゴ畑写真を撮り忘れました。その後、道の駅いなかだて弥生の里に寄り、黒ニンニク、フロンティア洋ナシ、毛豆を購入して、隣のたんぼアートへ行きましたが見られる期間が10月10日迄で上に上って見ることは出来ませんでした。
たんぼアート駅。
画像

今年は高倉健さんだったようです。小石で作られたイメージ。
画像

昨年は石原裕次郎さん。
画像

画像
この写真の先のたんぼに健さんのアートが反映されたようですが、見た目わかりませんでした。見晴らし台にのらないとわからないようです。
黒石駅に向かいます。約15分程で到着するようです。駅の近くの駐車場に車を止めて、黒石観光協会へ。マップを頂き、町の説明をとても丁寧にして頂きました。どこから来られましたか?と聞かれました。イベントがない時にはあまり観光客は訪れないようでした。丁寧に道の説明をして頂いたにも関わらず、東に向かうはずが、南方向へ向かっていて、数少ない町の人のお世話に。
山田肥料店。明治時代からの土蔵を使っている趣のある店構え。
画像

軌道修正して、中町こみせ通りに、やっと辿り着く。この角の鳴海醸造店へ。創業200年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵。
画像

鳴海氏庭園。幕末から明治大正と津軽地方を風靡した大石武学流の作庭様式を持つ庭園。
画像

お店の店内と奥は鳴海氏庭園。親切に奥の庭園まで案内してくれます。
画像

鳴海醸造店では酒粕と辛口の清酒を購入しました。ここでも何処から来られましたか?と尋ねられました。平日の観光客は珍しいのでしょうか?
「こみせ」。
画像
画像
画像

「こみせ」とは、藩政時代から今に残る木製の庇「こみせ」。夏は暑い日差しを遮り、冬は吹雪や積雪から人を守り、軒を連ねていた旅篭や呉服店、商家にとってはなくてはならないものでした。現在もまとまった形で残されているのは、全国的にも類例がないことから、昭和62年8月には「日本の道百選」、平成17年7月には「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。
黒石は焼きそばが有名で、独特の大平麺に和風や中華味のダシがかけられ、絶妙な味わいだそうです。普通の焼きそばと珍しいつゆ焼きそばがあります。ということで昼食はこれに決定。
黒石焼きそば。
画像

黒石つゆ焼きそば。
画像

つゆ焼きそばは、焼きそばの上からダシのきいたつゆをかけたと思われる焼きそばで、このつゆがなかなかいける味をだしていて、女房は美味しいと絶賛でした。勿論焼きそばも大平麺でとても美味しかったです。
食事をしたお店。
画像

食事をしたお店の隣には餅やさんがありました。そこで大福餅を購入。塩気の効いたお餅とつぶし餡。美味しく頂きました。寺山餅店。文政7年創業で、市民に長く愛され続けているお餅は最高の美味しさでした。ここでも何処から来たのか確認されました。
画像
画像

向かいには中村亀吉酒造があります。大正2年創業で、NHK大河ドラマ「いのち」の舞台となった酒造店。店舗前に吊るされた酒林は日本一と自負する大きさを誇ります。
画像

「県重宝市消防団第三分団第三消防部屯所」大正13年に建築された屯所は、洋風デザインを取り入れ、望楼を載せた木造2階建ての建物。日本の現役車両では最も古い消防自動車が配置されています。
画像

13時半過ぎに黒石をあとにし、今夜の宿、「ホテル十和田荘」へ。少し早めに到着した為、車をホテル駐車場に置き、十和田湖畔を歩き、「乙女の像」へ。湖畔だけあって、風が冷たく寒いので、又雨も落ちてきたので急いでホテルに戻りましたが、結構多くの湖畔のホテルが廃墟と化していて、寂しい感じがしました。やはり地方の観光地は経営が難しそうです。
乙女の像。
画像

ホテル十和田荘のお部屋。
画像

お部屋は綺麗に清掃され、清潔でした。又温泉も大浴場と露天風呂があり、気持ちの良いお風呂でした。
夕食膳。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒石へ(紅葉を求めて青森へ) ゴロゴロプの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる