ゴロゴロプの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS コスタデリチョーザで巡る憧れのエーゲ海クルーズ10日間(3-2)バーリ&アルベロベッロ

<<   作成日時 : 2018/06/13 13:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

14時にバーリ港に入港し、同じ時間にデッキ2前方のミラビリスグランドバーに集合しました。バスでアルベロベッロに1時間程かけて向かいます。
画像

旧市街のサンニコラ教会、大聖堂を見ながらマルゲリータ劇場の前を通り、国道に出ました。
画像

国道沿いのバーリ駅。
画像
道中にはブドウ畑やオリーブ畑がたくさんあります。バーリ地区はイタリアのオリーブ生産量第1位だそうです。アルベロベッロ到着後すぐに行ったのは、ワインとパスタの試食、おみやげのお店。兎に角すざまじく混んでおりました。
画像

パスタとワイン。パスタに肉の塊が入っていてワインと共に美味しかったです。
画像
画像

現地の小学生集団が来ていましたので、逆回りコースのアイアピッコラ地区から見て回りました。アルベロベッロの全景が見渡せる見晴台。
画像
画像

トゥルリは家屋税金対策から出来た建築物で、役人(タックスマン)が来た時、すぐに屋根を外し修復出来るようにした、とんがり屋根が特徴の建物。屋根は石灰岩を積み重ねて出来ている。
画像
この地に水道が引けたのが1914年で、、雨水を貯めていた生活から劇的に改善された。
画像
画像

ジャンジローラモ広場前の市役所。
画像

モンティ地区のトゥルリ。
画像

聖アントニオ教会。高さ21.5mのトゥルリの形の教会。モンティ地区の丘に1926年に建てられた。この日は葬儀を行っていた。
画像

モンティ地区のメイン通りとトゥルリ。
画像
画像
遠くの2本のとんがり屋根は聖メディチコズマエダミアーノ教会の屋根。
画像

ラーゴマルティロッタ広場ではサクランボが売られていた。丸い透明容器で売られているサクランボは日本円で約200円。買おうと思いましたが、こんなに食べられないね。とためらっていると、後ろから来た若い日本人の女性が買って、少し分けてくれました。(タダで)とても甘く美味しかったです。ご馳走さまでした。味はアメリカンチェリーをサッパリさせたような味。
画像

バスまで戻る道の脇奥にもサクランボが実っていました。望遠レンズで撮っています。かなり奥ですので、道端からはサクランボが取れる距離ではありません。
画像

帰りは、来た時の道とコースを変え、海岸沿いの道から船に帰ります。前方にはアドリア海、手前の木々はオリーブの木です。
画像

バーリ出港は20時なので、最終乗船は19時30分までですが、船には19時過ぎに戻りました。デッキ2のメインダイニング「アルバトロス」は、18時45分迄に入らないと、フルコースは注文出来ません。乗船手続き等があり、19時15分過ぎに「アルバトロス」にたどり着きました。添乗員さんが事前に遅れる事を責任者に話しており、オーダーができましたが、メインとサラダとデザートのみを注文しました。勿論、飲み放題パッケージ付きですので、ワインを堪能しながら。
画像

画像
このデザートはスワンの形をしていたのですが、時すでに遅く・・・
画像
食後ドゥーゼ劇場にカンツォーネを聞きにいきました。聞きなれた曲を歌っていましたが、疲れている為、殆ど寝ていました。早めに切り上げ部屋に戻りました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コスタデリチョーザで巡る憧れのエーゲ海クルーズ10日間(3-2)バーリ&アルベロベッロ ゴロゴロプの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる